研究

この前の新聞に働きアリの生体を調べた結果が載っていました。アリの巣のところでアリの動きを見ているとよく働くアリと全く働かないありっているんです。
見てればすぐに分かるくらいに両極端な動きをするのですぐに分かると思います。私も小学生の時にアリの動きをよく観察していたほうなのでそのことはよく知ってました。「なんで、このアリは働かないのだろう?」ってね。
そうしたらわざと動かないようですね、そのアリは('_')
そしてほかのよく働いていたアリが疲れたときに急に働き出すようです。北海道大学の研究で分かったようです。
サボっているわけではなくてわざと休んでいるということが分かったんです。ありってあんなに小さいのにかなり理論的な動き方をしているんですね。